海外版ポケモンの名前が違いすぎるのでまとめてみた【ブルバソーって何?】

ポケモンは世界中で人気です。
英語圏では、キャラクターの名前が英語に翻訳されているのを知っていましたか?

海外のキッズたちは、日本人が知っているのと、
全然違う名前でポケモンを呼んでいるのです。

知ったときはちょっと衝撃を受けました笑

語学学習の観点からも、結構面白いので、簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

ピカチュウ

さすがにピカチュウは同じ名前のようですね。
こちらがポケモンの名前の語源をまとめてあるサイトです。めちゃくちゃマニアックですよね。

解説によると、“pika”とは閃光やきらめきの音を表現した日本語だよ、と書いてあります。
なんかちょっと嬉しいですね。

以下は、最初にもらえる3匹のポケモンをみていきます。

フシギダネ

フシギダネ=Bulbasaur(ブルバソー)

何だそれは、って感じですよね笑
ちなみに海外のサイトでは、みんなめちゃくちゃ普通にブルバソーって呼んでいます。
かなりのカルチャーショック。

由来は、
bulb=玉ねぎなどの球根
saur=トカゲにつける接尾語 のようです。

フシギダネ=球根トカゲ なんですね。全然フシギじゃないじゃん…

フシギソウ=Ivysaur(イヴィーソー)

ivy=セイヨウキヅタ、ツタ とのことです。

こんなの↓

フシギソウ=ツタトカゲ ですね。

フシギバナ=Venusaur(ヴェヌーソー)

Venu=Venus Flytrapという食虫植物 とのこと。

こんなの↓

フシギダネ=ハエトリトカゲ ですね。なんかやだな…

ヒトカゲ

ヒトカゲ=Charmander(チャーマンダー)

由来は、
Char=焼いて黒こげにする、炭にする
Salamander=サラマンダーというトカゲっぽい両生類がいるらしい。イモリかな? また、火の中に住むという伝説上の生き物の名前でもある。

Salamanderで画像検索しましたが…、ちょっと気持ち悪かったので掲載はやめました!

ヤキイモリ、みたいな感じでしょうか。

リザード=Charmeleon(チャメレオン)

Char=同上
Chameleon=カメレオン

リザードって英語なのに翻訳されてしまっています。
なんか名前ダサくないか?

ヤキカメレオン。

リザードン=Charizard(チャリザード)

Lizard=リザード 

なぜか成長して普通の名前になった。

ヤキトカゲ。

ゼニガメ

ゼニガメ=Squirtle(スクワートル)

由来は、
Squirt=水を噴射する
Turtle=亀(そのまま)

結構妥当な名前。

フンシャガメ、みたいな。

カメール=Wartortle(ワートートル)

War=戦争
Tortoise=カメ
Turtle=カメ

なぜかカメが2回入る不思議な名前。

センソウカメカメ、って感じですかね。

ちなみに、
Tortoiseはこんな感じの陸ガメを主に言うとのこと↓

カメックス=Blastoise(ブラストス)

Blast=突風、爆発

Tortoise=カメ

バクハツガメですね。

これも意外と普通。

まとめ

どうでしたでしょうか。

ことごとく違う名前になってて、びっくりしましたね。

ポケモンが好きな方は、英語版ポケモンの名前を覚えると、

相当ボキャブラリーが増えるのではないでしょうか。

お試しください。

今回は以上です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする