デヴィッド・リンチの創造性についての名言15

デヴィッド・リンチ(David Lynch)の作品は最高ですよね。

今回はデヴィッド・リンチの創造性に関する発言をまとめました。

ぜひご覧ください。

Negativity is the enemy of creativity.

ネガティブになることは創造性の敵だ。

Every viewer is going to get a different thing. That’s the thing about painting, photography, cinema.

見る人みんながそれぞれ違ったものを受け取るだろう。それが絵画や、写真や、映画というものだ。

Intuition is the key to everything, in painting, filmmaking, business – everything. I think you could have an intellectual ability, but if you can sharpen your intuition, which they say is emotion and intellect joining together, then a knowingness occurs.

直感がすべての鍵だ。絵にしても映画制作にしてもビジネスにしても—みんなそうだ。君は知的な能力を持っているかもしれない。もし君が直感を研ぎ澄ますことができたら、(それを人は感情と知性が合わさったものと呼ぶ)どうすればいいかは自ずとわかるんだ。

The concept of absurdity is something I’m attracted to.

不条理という概念に私は惹きつけられるんだ。

I love super crispy, almost burned, snapping-crispy bacon.

私はカリカリに焼けた、ほとんど焦げてるような、カチコチのベーコンが好きなんだ。

Some things we forget. But many things we remember on the mental screen, which is the biggest screen of all.

我々は物事を忘れてしまうこともある。しかし、多くのことを私たちは、心のスクリーンの上で覚えているんだ。それはあらゆるスクリーンの中で一番大きいものなんだよ。

Absurdity is what I like most in life, and there’s humor in struggling in ignorance. If you saw a man repeatedly running into a wall until he was a bloody pulp, after a while it would make you laugh because it becomes absurd.

人生で最も好きなことは、馬鹿げたことだ。無知のせいで必死になっていることのうちには、ユーモアがある。もしある男が繰り返し壁に向かって走ってぶつかって行き、血だるまになるのを見たとしよう。しばらくすると、君は笑えてくるはずだ。だって、だんだん馬鹿馬鹿しくなってくるからね。

I don’t think that people accept the fact that life doesn’t make sense. I think it makes people terribly uncomfortable. It seems like religion and myth were invented against that, trying to make sense out of it.

人生が訳のわからないものだという事実を、人は受けて入れていないと思う。なぜならそうしたら、恐ろしく居心地が悪く感じるだろうからね。宗教や神話がその事実に争うために生み出されて、何とか人生を意味のわかるものにしようとしているんだ。

I discovered that if one looks a little closer at this beautiful world, there are always red ants underneath.

もし人がこの美しい世界を、もう少し近くで見たなら、その下にはいつも赤い蟻が這っているということを発見した。

Happy accidents are real gifts, and they can open the door to a future that didn’t even exist. It’s kind of nice sometimes to set up something to encourage or allow happy accidents to happen.

幸福なアクシデントは本当に天恵なんだ。今までは存在もしなかったような将来に、ドアを開いてくれるからね。幸福なアクシデントを促進したり呼び込んだりするために、時には何かしてみることも素敵だと思うね。

Life should be blissful, and blissful doesn’t mean just a small happiness. It’s huge. It is profound.

人生は至福のものであるべきだ。至福というのは、小さな幸せみたいなものじゃない。それは巨大で、深遠なものなんだ。

Stories hold conflict and contrast, highs and lows, life and death, and the human struggle and all kinds of things.

物語は対立と対照を持つ。高さと低さ、生と死。そして人々はあらゆる種類の物事に必死に取り組むんだ。

I’ve always loved the electric guitar: to hold it and work it and hear what it does is unreal.

私は昔からエレキギターが大好きなんだ。ギターを持ったり、演奏したり、音を聞いたりするのは、非現実的な体験だよ。

I don’t remember my dreams too much. I hardly have ever gotten ideas from nighttime dreams. But I love daydreaming and dream logic and the way dreams go.

あんまり夢は覚えてないんだ。寝てる間に見る夢からアイデアを得たことはほとんどないね。でも、白昼夢は大好きだし、夢の論理や進み行きが好きなんだ。

An artist makes a painting, and nobody bugs him or her about it. It’s just you and your painting. To me, that’s the way it should be with film as well.

芸術家は絵を描く。そして誰もそれを邪魔できない。それは君と君自身の絵だけの間のことなんだ。私にとっては、映画も同じようなあり方をしているべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする