朝に英語を学ぶメリット【継続力で自分を好きになる】

朝に英語を勉強するか迷っている人

「英語はコツコツ勉強することが大事。でもなかなか続けるのって難しいな。朝に時間を取るといいって言うけど、どうすれば続けられるだろう?」

こんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事の内容

僕はTOEIC945点を持っていたり、東大を卒業した経歴を持っているなど、

継続的に勉強を行うことがとても得意です。

一方で、最初から集中して勉強に取り組むことが得意だったのではなく

自分なりに色々な方法に取り組み、継続的に学習ができるようになりました。

ある程度朝型の生活ができる方なら、朝に英語を勉強するのは本当に素晴らしい習慣なので、

それを継続していく方法をご紹介します。

先に時間を作る

学習を開始したとき、すぐに集中できなくてOKです。

とにかく、

・本を目の前において座る

・ドラマのDVDを流す

・PodCastの音をスタートさせる

などの行動をしてみましょう。

眠くて、集中できなくても大丈夫です。

例えば1時間確保して、その半分以上を集中できずに過ごしても、

それでOKという軽いテンションで始めてみましょう。

東大に入るような人でも、

例えば1時間の学習時間のうち、フルで集中している人は少ないです。

でも、毎日1時間、先に確保さえすれば、30分しか集中できなくても、コンスタントに学習はできます。

それで勢いがついてくると、集中できる時間は伸びてくるものです。

決まり切ったタスクを朝にやると、自尊心が高まる

朝にインプットされた感情は1日続きます。

僕は朝に英語を勉強するのが大好きです。

英語学習のような小さなタスクを朝から行うと、

「今日はこんな早いのに、もう一仕事終えている」という気持ちで、

残りの1日を余裕のある気持ちで送ることができます。

勉強習慣の黄金サイクル

朝、しっかり英語を勉強すると、自尊心が高まります

また、外国語で情報を得ることは、脳の働きを活性化させる効果があります。

これらの、自尊心の向上+脳の活性化の効果で、

日中に行う別の作業にも、高いクリエイティビティを発揮できるようになります。

その結果、一日の満足度が高まり、さらに朝の英語学習を深い楽しみとともに行うことができます。

勉強がしっかり続くときは、大抵こうしたサイクルができていました。

このように学習できているときは、勉強だけでなく、人生全体がいい感じに思えてくるものです。

もちろん、これは一つの理想系なので、すぐに到り着く必要はありません。

まずは時間の確保から始めましょう。

起きたらコーヒーを入れて、速攻やってみる

コーヒーのイラスト「コーヒーメーカーとコーヒーカップ」

例えば、英語以外のルーチンを取り入れてみるのも効果的です。

朝起きたら、

・すぐにコーヒーを一杯淹れる。

・熱いシャワーを浴びる。

・カーテンを開け、部屋に明かりをつける。

・ストレッチをする。

・パンやバナナなど軽いものを食べる。

・PC、スマホの画面をすぐにみないようにする。

目標設定

・ニュース記事を2〜3本読む。

・BBCのポッドキャストを一本聞く。

・洋書を数ページ読む。

・単語を10個覚える。

・参考書を数ページ進める。

ちなみに僕が朝のタスクとして必ずやっているのは、

洋書の小説を数ページ読む、です。

これは僕には瞑想のような効果があって、

朝、入浴しながら洋書を読むと、心からリラックスした気持ちになれます。

今回は以上です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク