英語学習のためには、文法を学ぶべき!ただし……

こんにちは、moritです。

あなたは、英語の文法を学ぶのが好きですか?

文法大好き!

という人は、少ないのではないでしょうか。僕はあまり聞いたことがありません。

もしあなたが文法学習が楽しくて仕方ないと言う方なら、

この記事はあまり役に立たないかもしれません。

一方で、

あー、文法ってだるいな。全然法則性がないし、面白くない。

ネイティブだってこんな文法の勉強をして英語を喋るようになったわけじゃないんだから、

こんなの無駄じゃね??

と思っている方。

そんな方に向けて、この記事を書きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文法は必要なのか?

結論から言います。

英語上達に当たって、文法学習は必要です。

より正確に言えば、

文法はマストではないが、

最低限の文法をきちんとマスターすることで、

文法学習を無視した場合よりも、

遥かに早い速度で英語を上達させることができる

と言うのが事実です。

私自身の実経験でも、

大学受験時代には、東大に現役合格をし、

また、英語は試験等に関わらず得意だったため、

逆に英語に時間をほとんど割かず、他の科目を勉強することができ、

結果として、よい成果を収めることができました。

このブログでは、いわゆる日本人学習者向けの英語教材に出てくるような、

学習用に加工された英文ではなく、

・海外ドラマ

・洋書

・映画

・Youtube

・WEB記事

・Twitter

など、ネイティブが普段自然に使っている英語にたくさん触れることで、

語学力を伸ばす方法を提唱しています。

このコンセプト自体は、私は非常に重要だと考えています。

一方、学習の初期の段階で、

基本的な文法事項を抑えることは、とても大切だと思っています。

私自身、記事の後半で紹介しますが、

大学受験用の文法参考書をしっかりマスターしたことで、

試験の点数が大きく向上する他に、

英語の実力と言う点でも大きなメリットがあったと感じています。

そもそもなぜ文法を学ぶのか?

そもそも、文法とは何でしょうか?

僕は、ノンネイティブの人が他の言語を学ぶ時に必要な、

地図のようなもの、と考えています。

これはあくまでも比喩ですが、

例えば、

文法=地図

英語=街

のように考えた時、

単に、地図を眺めているだけでは、その地図に描かれた街を本当に知ることはできません。

一方、

地図を持っていることで、その街を効率的かつ網羅的に旅することができます。

そして、早く知ることができるわけです。

地図がない状態で、とにかく大量の経験をする、と言うことも、無駄ではありません。

しかし、このような場合、

その街に何があるのかを知るために、必要以上に時間をかけることになってしまいます。

文法は、これまで英語を学んできたノンネイティブ(日本人)が、

間違いやすい・迷いやすい項目を事前にまとめたアドバイス集とも言えるでしょう。

どうやって学習するべきか?

文法とは上記のように、

どちらかと言えば、入門的、チュートリアル的に学ぶべきものです。

従って、文法学習に長い時間をかける必要はありません。

日本では幸いにして、これまで大量の学習者が、英語を学んできています。

その学習のプロセスの中で、ある程度選別が働き、古典的となった文法学習のテキストが存在します。

例えば、こちらのネクステージ。

この教材は、見たり使ったりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

私も受験時代に活用しましたが、

このテキストの

1.文法

2.語法

の項目をやるだけで、文法について必要なことは、9割方マスターできます

えー、今更、受験用のテキストかよ!

と思う方がいるかもしれませんが、

これはなかなかバカにできませんよ!

もう一度受験生になったつもりで、上記の2つの項目を、

きっちり頭に入れるまで反復練習して見てください。

もし基礎的な知識に抜けがあるのなら、

かなり大きな変化を感じることができるはずです。

一番大切なことは

これまでも語ってきた通り、

文法とはあくまでも地図です。

従って、文法を勉強しながらも、

実際の街に当たる、生の英語を絶えず摂取していくことが一番大切です。

この部分の学習については、下記の記事でも解説していますので、

合わせてご覧下さい。

本記事をお読みいだたき、ありがとうございました。

英語を勉強するには、映画や海外ドラマを見るのがよいと、よく言いますよね。 これって本当だと思いますか? 僕は敢えて断言します。 DVDや動画による英語学習は、語学上達への最短のルー...
BBCのワールドニュースは、それなりに英語の難度が高いです。 しかし、ある程度英語の基礎力ができている方には、 BBCのワールドニュース、特に、PodCastで配信されている...
英語を学ぶには、動画は非常によい教材になります。 言葉が実際に話されるシチュエーションや、ニュアンスも含んだ上で学べるので、 単語や文法を切り離して学ぶよりも、たくさんの情報に触れることがで...
洋楽が好きな方は、音楽を使って英語を勉強できたら最高ですよね。 実際、洋楽って英語の勉強になるのでしょうか? 結論から言うと、洋楽は英語の勉強になり、 しかも、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク