【実は近道】英語を学ぶなら現代文も学ぼう【論理性を磨く】

こんにちは、moritです。

今日は僕が普段、個別指導の中で、いろいろな高校生を見ていて、

やはり、現代文の力が大切だ、という思いが強くなったので、

その点について深く記事にしてみることにしました。

 

当然ですが、英語は言葉ができるだけでは、ほとんど意味がありません。

結局は、英語を使って、人の主張を聞き、整理し、考え、そして自分の言葉で考えを発信していく能力が必要になります。

入試に関しても、レベルが高い学校ほど、このような能力を厳しく問う設問を課してくる傾向があります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

論理性が大切

まず、あらゆる科目の基本ですが、論理的な思考能力と、読解力はものすごく大切です。

受験生も含めて、多くの高校生は、やはり、あまりにも文章がちゃんと読めていません。

もちろん、みんなある程度言葉は知っているし、日本語で書かれた文章ですから、

何となく課題文を読解することはできます。

でも、問題はやっぱり、

それが何となく、というレベルに止まってしまうことです。

現代文を何となく、雰囲気で読解している生徒は、

英文に関しても、文法や文章の解釈をなあなあにして、

何となく、雰囲気で読んでいます。

科目は異なりますが、この点に関しては、共通点があります。

 

現代文で磨ける論理性

現代文のトレーニングは、論理的な思考能力や、文章の正確な読解力をつけるために、とても適しています。

例えば、現代文の文章を読むときに、

「対立軸を取れ」

などと言われるのを、聞いたことはありませんか?

 

おそらく、こうした手法を知っている人は多いでしょう。

でも、実際に、自分で現代文の文章を読んで、

しっかりと対立構造を取り出すことのできる生徒が、

どれくらいいるでしょうか?

これは経験から言うと、驚くほど少ないです。

みなさん、かなりはちゃめちゃな読み方をしてるんですよね。

 

一方で、ある程度、評論文の得点が安定している人は、

完璧ではないにしても、それなりにこうした対立構造などの基本を、

自分で取り出すことができています。

実際に自分で図を描くまでは行かなくても、

頭の中で構造化できているんですね。

こうした生徒は、現代文だけでなく、他科目に関しても、かなりの実力を持っているケースが多いです。

 

今できなくても、訓練で鍛えられる!

現代文はセンスだ、と言う人もいます。

でも、僕は東大哲学科の出身で、いわゆるテキストの読解を徹底的にやってきた経験を持っていますが、

その経験から言っても、そんなことは全くありません。

きちんと正しい方法で読む訓練を積めば、必ず一定レベル以上に到達できます。

もちろん、そのためにはそれなりにしっかり時間とエネルギーを使う必要はありますが…。

具体的な方法に関しては、他に記事を作成して、紹介していこうと考えています。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク